トリックアート

三重県立美術館に「トリックアート」を見に行きました
目当ては、高松次郎の作品

以前、福島に住むいとこが高松次郎のポストカードを送ってくれたことがあり、すごく印象に残っていたので
いつか本物をみてみたいなぁと思っていたところ。
d0102949_10243987.jpg

高松次郎 影のシリーズ、その場所には存在しないものの『影』だけが描かれています
キャンバスに留められたフック、そこに掛かる鍵。 実際にあるのはキャンバスとフックだけ
鍵は無いけれど鍵の影はくっきりとある、思わず鍵を取ってみたくなります。
他には、子供のはしゃぐ影や、母が子供に話しかける姿の影
写真は、パイプをくわえた男性の影。 これはなんとなく父親に似ています
見えているの
は影だけなのに、頭の中で想像する色や表情、情景が目に浮かぶというのは不思議な感覚ですね。  
他にもスーパーリアリズムやエッシャー的な(エッシャーは無かった。。。)トリックアートが満載で、子供連れの方であふれていました。

美術館内の県民ギャラリーでは三重大学教育学部美術教育の卒展をやっていたので
こちらもお邪魔しました。
d0102949_11135744.jpg

d0102949_1110876.jpg

写真は、『2008/04/04』とタイトル付けされた作品
離れてみるときれいな植物?!に見えるのですが・・・近くに寄ると、丸い色とりどりのシールが貼られているだけでした、学生さんの作品もなかなか!面白かった!

久しぶりに目と頭の体操をした気がする・・・さて、お花お花・・・。
トラックバックURL : http://artgris.exblog.jp/tb/10842989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by smart-kkc at 2010-03-08 17:24
面白いですね!  いろいろあるな~
発想力・・  すごいですね~
僕も見てみたいな^^
Commented by gris-noriko at 2010-03-08 20:17
smart-kkcさん
ついでに見た卒展は思いがけず楽しめました。
脳にも刺激をあたえなくては、ですね
smart-kkcさんは日々の走りで脳に刺激がありそうですね~。
Commented by kai-takasaki at 2010-03-09 18:56
面白いですね-。
私も母校の卒業制作展は毎年見に行っています。
刺激的ですよね。若い子たちのパワー(すっかりおばちゃん目線・・・)
Commented by gris-noriko at 2010-03-10 12:44
kai-takasakiさま
私も、今の学生さんたちの感覚に正直驚きました
自由な感覚は私も見習わなくては!
by gris-noriko | 2010-03-08 11:16 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

grisの作品集  凛として優美であり、身に着ける人が幸せを感じられるアクセサリーを目指して、日々制作に心を打ち込んでいます   大切なお守り(gris-grisグリグリ)となりますように・・・


by gris